プロダクト
私達について
工場旅行
品質管理
私達に連絡しなさい
見積依頼
ニュース
会社のニュース
Guangzhou Kinte Electric Industrial Co.,Ltd
ホーム 製品機械出版物機械

高さ調節を用いる正常で浅いデッサンの穿孔機の出版物機械

中国 Guangzhou Kinte Electric Industrial Co.,Ltd 認証
中国 Guangzhou Kinte Electric Industrial Co.,Ltd 認証
彼らは私達を私達のフリーザーの生産のための 1 つの完全な一貫作業供給しました。私達はあなたの godrej の植物で強くそのような仕事のためのそれらを推薦します。

—— Harmeet Singh

オンラインです

高さ調節を用いる正常で浅いデッサンの穿孔機の出版物機械

large.img.alt
small.img.alt

大画像 :  高さ調節を用いる正常で浅いデッサンの穿孔機の出版物機械

商品の詳細:
起源の場所: 広東省、中国(本土)
ブランド名: Kinte
証明: Certificate of conformity of quality management system certification
モデル番号: カスタマイズ
お支払配送条件:
最小注文数量: 1 セット
価格: Customized
パッケージの詳細: カスタマイズ
受渡し時間: カスタマイズ
支払条件: TTのは、L /℃
供給の能力: カスタマイズ
詳細製品概要
ハイライト:

水力の出版物機械

,

自動出版物機械

高さ調節を用いる正常で浅いデッサンの穿孔機の出版物機械

速い細部:

条件

新しい

CNC またはない

正常

動力源

機械

原産地

広東省、中国(本土)

銘柄

Kinte

 

  1. Kinte のすべてのビジネスは国際的外国にただであり。

      2.We に大きいチームがあり、私達は 1 場所サービスを提供します

      3.打つことおよび浅いデッサンに適用される
      4. 6 側のスライドの長い長方形ガイド
      5.Motorized は調節高さ死にます

 

記述:

 

 

J25 シリーズ C フレームの二重クランク press1 の主要な構造の特徴。 J25 シリーズ C フレームの二重クランクの出版物は大型の版の打つことおよび浅いデッサンのために応用である場合もあります。 それはまた多段式ダイスが装備されているかもしれませんまたは他の移動は複雑な structures.2 の部分そして部品を処理するために死にます。 鋼鉄溶接されたフレーム、高い剛性率およびより少ない deformation3。 空気の組合せの摩擦クラッチ ブレーキ、低雑音の anf の長い耐用年数、信頼できる安全および適用範囲が広い action.4 を保障するため。 低い noise5 と滑らかに動く閉鎖したオイル タンクで浸るメイン ドライブ ギヤ。 6 側の die.6 の耐用年数を拡張する高い移動精密のスライドの長い長方形ガイドおよび高精度。 輸入された油圧積み過ぎの防御装置、ダイスを保護し、防ぐ積み過ぎに対する効果の緊急時停止は press.7 に傷つきます。 モーターを備えられて高さ adjustment8 は死にます。 異なった部品および部品の処理のための条件を満たす可変的な打撃の速度; 電気システムのための PLC 人間機械インターフェイスそしてエンコーダー制御、安全および flexibility.9 を保障します。 Photoelectic の保護装置、伝達は車軸、エア クッションを出力し、他の任意付属品はユーザーの要求に応じて力出版物のために利用できます。

 

適用:

J25 シリーズ C フレームの二重クランク press1 の主要な構造の特徴。 J25 シリーズ C フレームの二重クランクの出版物は大型の版の打つことおよび浅いデッサンのために応用である場合もあります。

 

比較優位:

 

1. 打つことおよび浅いデッサンに適用される
2. 6 側のスライドの長い長方形ガイド
3.モーターを備えられて調節は高さ死にます

4. 私達は 1 場所サービスを提供します

5. 必要とするものは思考ですそれから私達がそれを本当来させる。

6. 私達に大きいチームがあります、私達は取付けのためにおよび維持および訓練行って準備ができています常に。

7. 私達は多数を経験して外国にもらいます。

 

高さ調節を用いる正常で浅いデッサンの穿孔機の出版物機械 0

連絡先の詳細
Guangzhou Kinte Electric Industrial Co.,Ltd

コンタクトパーソン: Joe

私達に直接お問い合わせを送信 (0 / 3000)